メールマガジン - JRAVAN 競馬ソフト・予想支援部門 6ヶ月連続No.1獲得!競馬予想をいろいろな方向からディープに掘り下げていきます!

メールマガジン

アンケートにご協力ください

200609kobe.jpg

CUSTOMX の次期バージョンアップに向けて、みなさまのご意見を聞かせていただきたいと思っております。CUSTOMX の機能やサービスについて、ご意見ご感想をぜひお聞かせください。ご回答いただいた方には、ご優待サービスを無料で進呈いたしますので、ご協力お願いいたします。

ご協力いただける場合には、support@custom-project.jp まで「アンケート」と書いたメールを送信してください。折り返し、アンケートフォームを返信いたします。なお、ご優待サービスを行う際に必要となりますので、メールの送信はユーザー登録したメールアドレスをご使用ください。

競馬の戦略(実践編)第81号

2006/03/18 競馬の戦略(実践編)第81号より抜粋


■レース分析

★分析するレース:中京10R 芝2000 フリージア賞


本日は時系列グラフの新機能(RL基準)についての使い方をご紹介します。


このレースの[RL]は45.9です。あまり高くありませんね。


各馬の過去の実績を見てみると、未勝利戦でも[RL]が45.9を超えているものが
見つけられます。CUSTOMX では、出走馬の実績からそのレースのレースレベルを
算出しています。クラスという考え方はなく、すべてタイムを統計処理して
レースレベルを算出しています。よって、ある未勝利戦は、ある500万下よりも
レースレベルが高かった、ということも起こりえるわけです。


また、このレースレベル算出方法の特徴として、強い馬が集まったレースは高く
なることが挙げられます。Googleのアルゴリズムで有名なPageRankは、よいペー
ジから参照されるページ程高くなるものですよね。これと似ている部分があって
強い馬と善戦した馬の指数は高くなります。競馬はタイムを争うものではなくて
順位を争うものである、という点から言えば、理に適っているでしょう。


と、前置きはこのぐらいにして、各馬の新馬や未勝利のレースレベルを見ると
京都や阪神などの中央場所の方が小倉や函館などのローカルよりも高くなるよう
だ、ということが発見できませんか。


特にローカルだからレースレベルを低く補正したり、中央だから高く補正するよ
うなことはしていません。もちろん統計に基づく有意な補正処理はありますが、
ナンセンスな補正は一切しません。


よって、レースレベルに差があれば、出走馬の間に何らかの差があった!という
「事実」が存在するということです。(CUSTOMX系においては)


これらを踏まえて、(RL基準をチェックしてください。)グラフを使います。
今回のレースレベルが基準になります。(赤線)ピンクの棒はレースレベルです
から、赤線よりも低ければ、今回のレースよりもレベルが低かったことを表して
います。高ければ逆ですね。当たり前っすね。


ホーマンアラシの新馬戦は[RL]42.0なので、赤線よりもピンク棒は下にあります
。隣の緑棒は[総合]を表していますので、ピンクよりも緑が上にあれば、該当レ
ースのレースレベルで勝ち越したことを表しています。新馬は[RL]42.0を大きく
勝ち越したようです。(着順は2着でしたが。)そして、ここ3戦は高いレベル
のレースで(ピンクが赤線よりも上で)善戦してきた(ピンクと緑が接近)こと
がわかります。


さて、このグラフを使っていると、あることに気がつきます。それは

 1.弱いレベルでは無茶苦茶な勝ち方をするがレベルが少し上がっただけで
   ボロボロな負け方をする馬がいる。

 2.弱いレベルでも地味に善戦し、レベルが大きく上がっても同じように地味
   に善戦する馬がいる。


この傾向だけなら、なんてことのない発見です。昔から良く認識されていること
をグラフで再確認しただけですから。


しかし、この傾向に「意外と再現性がある」ことに気づくと少し嬉しくなります
。つまり、1.なら「昔、弱いレベルで大勝ちした馬が、高いレベルでボロボロ
に負け続け人気を下げ続ける。そして、弱いレベルに戻ったそのレースで昔と同
じように大勝ちをする。高配当になる。」というわけです。


馬券購入する平均レベルの方々は、レースレベルを細かく把握できるはずもない
ので、[RL]的な数値を導入する優位性は大きんじゃないでしょうか。あくまで、
使いこなせばの話ですが。


このレース、レースレベル的に見るとマヤラブハートが美味しそうに見えますよ
ね。距離的な問題はありますけど。この時期なら、牝馬でこの距離でも、まだや
れませんかね。

競馬の戦略(実践編)第78号

2005/12/23 競馬の戦略(実践編)第78号より抜粋


■レース分析

★分析するレース:阪神11R 芝2000 ラジオたんぱ杯2歳ステークス

ペースは[P前]+4.5・[P後]+10.0です。予測R指数グラフを見ると各馬が偏りなく
全体的に位置しています。ニルヴァーナやチェリーストームなどの1戦馬の脚質
を推し量るにはデータ不足ですから、レースのペースを予測して着順を予想す
るよりも、R前とR後の関係から該当馬の底力を推測して着順を予測した方がよさ
そうです。

しかし、有力馬が集まりましたね。こんなレースを思い通りに的中させるのは
気分が良いものです。当てましょう!

●ニルヴァーナ
[予測]70.3でかなり抜けた存在です。新馬戦は[R前]66.4・[R後]63.4で、まだ
奥がありそうです。阪神2000を勝ち上がってくる馬は強い馬が多いです。調教
師は弱いと思ったら阪神2000を使ってきません。ちなみにディープインパクト
の新馬戦も阪神2000でした。以下に両馬の新馬戦の指数を挙げます。
(RL P前 P後 T前 T後 R前 R後 MD 総合)

ディープインパクト
45.3 -1.1 -0.0 25.0 72.1 55.3 69.6 65.9 55.5

ニルヴァーナ
44.9 +1.5 -1.7 34.2 65.6 66.4 63.4 69.8 55.6

[RL]はディープの方が僅かに高いものでした。ただし、[RL]は変動するもので
(より正当性をもった値に近づいていく)、この時点で考えれば同じぐらいの
レベルといってよいでしょう。P前はディープ-1.1に対して、ニルヴァーナ+1.5
なので、ニルヴァーナの方が速い流れだったことになります。このことはT前・
T後にも表れています。(ディープのT前25.0に対して、ニルヴァーナは34.2)

次にR指数を見ると、ディープは遅い流れを[R後]69.6で差しきって、ニルヴァー
ナは速い流れを[R後]63.4で逃げきったことが分かります。どちらも奥を感じさ
せる内容でした。そして、[総合]はディープ55.5に対して、ニルヴァーナ55.6と
同等です。

ディープインパクトはその後のレースで、新馬戦は唯のデモンストレーションだ
ったと言わんばかりにその強さを見せ付けていきました。果たして、ニルヴァー
ナにも同様の奥深さがあるのでしょうか?とても、楽しみです。

ところで、読者の皆様はカートコバーンの方の「ニルヴァーナ」はご存知でしょ
うか?筆者は好きで大学の時によく聴いていました。だから、ニルヴァーナって
強そうな馬がデビューすると聞いて、新馬戦を楽しみに見ていました。ニルヴァ
ーナには思い入れがあります。

ニルヴァーナに対抗できる馬を探します。CUSTOMXをお使いの方は阪神のみにチ
ェックを入れて再計算してください。

●ホーマンアラシ[総合]55.2
阪神2000未勝利の[RL]は42.7で低めです。グラフを見ても、同じぐらいの高さで
揺れていますから、奥はなさそうです。ニルヴァーナとの逆転は難しそうです。

●サクラメガワンダー[総合]43.5
阪神2000エリカ賞の[RL]は42.7です。偶然にもホーマンアラシの未勝利と同じ。
新潟の未勝利で[R後]70程度の脚を使えましたが、次の京都の未勝利では[R前]50
に変えた結果、[R後]63.8になりました。奥はなさそうです。

●タマモサポート[総合]42.6
例のエリカ賞2着です。過去2戦の[総合]を見ると、新馬50.0、エリカ賞50.7。
いやーCUSTOMXって、すばらしいですね(笑)

阪神組の逆転はなさそうです。同様に京都のみで切ってみます。

●アマノトレンディ[総合]57.2
新馬とあけび賞の[総合]が54.3と54.8なので、京都1600なら54.5程度で走るでし
ょう。あけび賞は[R前]57.1・[R後]59.7で、奥はないが競馬が巧そうです。

●チェリーストーム[総合]53.3
京都1800の新馬戦を勝ちあがりました。[R後]67.0は立派ですが、[R前]50.8なの
で、その評価は微妙なところです。京都1800は信頼しづらい面があって、このコ
ースですごい強い勝ち方をしても阪神でさっぱりといった馬が多くいます。

●サクラメガワンダー[総合]53.0
阪神にも出てきました。阪神と京都を別々に分析するのは、阪神組と京都組のレ
ベルを比較しやすくする理由からです。また、競馬場間のRLの誤差を見る意味も
あります。京都組での逆転候補はアマノトレンディぐらいでしょうか。

●ヴィクトリーラン[総合]52.5
グラフが右肩上がりです。過去3戦の[R後]60程度を崩していないのも良さそう
です。筆者はこんな馬が好きです。石橋騎手の人気のなさも良い!ちなみに2戦
目の未勝利戦は1着サクラメガワンダー、2着ヴィクトリーラン、3着ホーマン
アラシです。このレースではオッズは3頭の中で3番目でしょうが、面白味は1
番だと思います。

●ホーマンアラシ[総合]49.1
阪神にも出てきました。阪神組の頼みの同馬も京都でこの位置です。よって、阪
神組は全滅。

以上、だらだらとした分析にお付き合いいただき、ありがとうございました。
結論は、競馬の巧さでアマノトレンディ・面白味でヴィクトリーランです。

その他のアドマイヤムーン・マチカネゲンジ・マイネルスケルツォも同様に分析
して、完璧な予想をしてみてください。

競馬の戦略(実践編)第74号

2005/10/07 競馬の戦略(実践編)第74号より抜粋


■レース分析

★分析するレース:東京11R 芝1800 毎日王冠


まず、ペースを分析します。


CUSTOMX の指数は[R前]-1.0・[R後]+6.8なので、スローと考えられます。


CUSTOMX を使ったことがない方のために、ペースに関する CUSTOMX 的な考え方
を説明します。


CUSTOMX は各出走馬のいままでのレースでの位置取りを数値化し、その数値の分
布を考慮して、今回のレースのペースを予測します。


よって、先頭の馬が速く逃げそうだからハイペース、逃げ馬がいないからスロー
ペース、前半タイムが速そうだからハイペース、遅そうだからスローペース、と
いった考え方はしません。


今まで前々で戦ってきた馬が多く集まればハイペース、後方待機馬が多ければ、
スローペースといった具合になります。


また、CUSTOMX は同条件で行われたレースをペースを統計的に処理した、その
条件における平均的なペースをペースグラフに表示させることができます。


分析するレースのペースと平均的なペースを同じグラフに表示しますので、今回
のレースが相対的にどの程度なのか?を視覚的にとらえる事ができます。


ペースグラフを見ると毎日王冠は平均よりも左上に位置しています。よって、前
が遅くて上がりが速いスローペースということです。


では、さらに突っ込んで、「なぜスローと算出されるのか?」を考えてみます。


ダイワメジャー、コスモバルク、バランスオブゲームの逃げ馬がいるのに
なぜスローなんでしょう?


1つ目の理由は、後方待機馬が多いこと。スイープトウショウ、テレグノシス、
ハットトリック、カンパニー、ハイアーゲーム、サイレントグリーンの6頭。


2つ目の理由は、通常のレースでは中団やや後方に位置する馬が、このレースで
は相対的に中団へ押し上げられるため。(後方待機馬が多いので)
メイショウカイドウ、ケイアイガード、サンライズペガサス、ロードフラッグ、
スズノマーチなどなど。


つまり、いわゆる先行馬が少ないので、スローペースと判断されたわけです。

★今回の毎日王冠は前へ行く馬から馬券を組み立てるのが良さそうです。


以下、筆者の狙い馬

・バランスオブゲーム
 休養明けこそ狙いたい。2003年の毎日王冠(重馬場)は秀逸。

・コスモバルク
 百日草特別が生涯ベストかも。今後、期待できそうなのはココしかなさそう。

競馬の戦略(実践編)第73号

2005/09/30 競馬の戦略(実践編)第73号より抜粋


■レース分析

★分析するレース:中山11R 芝1200 スプリンターズS

日本でのレース戦績の少ない外国馬から分析します。
よく見る必要があるレースがたった1レースだけですから、楽勝です!


★サイレントウィットネス

今年の安田記念を見てみます。
前に行ったのは、ローエングリン[R前]68.1、サイレントウィットネス[R前]65.3
オレハマッテルゼ[R前]62.5、ユートピア[R前]59.7でした。そして、着順が順に
17着、3着、11着、14着です。この数字だけ見ると「サイレントウィットネスだ
け強い!」と感じます。

しかし、[R後]は順に33.9、52.3、46.5、47.5です。
ローエングリンは別にして、オレハマッテルゼもユートピアも、バテバテになっ
ているわけではありません。さらに、シミュレーションして見ると、サイレント
ウィットネスは確かに抜け出しましたが、大混戦だったので極端に強かったよう
には見えません。

遠い異国でカルストンライトオ・ギャラントアローの息を入れない爆速馬たちと
一緒に逃げたら?(想像するだけでカワイソウ)

安田記念の3着が眩しく光って、人気になってくれたら嫌ってみるのも面白そう
です。


★ケープオブグッドホープ

去年のスプリンターズステークスを見てみます。
[R前]47.7で中団を楽に追走して、最後は[R後]58.8で渋く追い上げています。
カルストンライトオが大きく抜け出したので、あまり目立ちませんが、ケープオ
ブグッドホープはすごく良い走りをしていました。力が抜けてて、いい馬です!

筆者はサイレントウィットネスよりも好きです。


では、迎え撃つ日本馬を見てみます。


★カルストンライトオ

この馬は不良がメチャクチャ強いことが分かります。2003年のアンドロメダSが
[R前]66.3の[R後]58.2、去年のスプリンターズSが[R前]64.7の[R後]59.9ですか
ら、他の馬がトドクわけありません。

しかし、良馬場ならば、「ただの逃げ馬」です。どうもこの馬は弱かった頃のイ
メージが強すぎて、連対する感じがしないのは私だけでしょうか。

また、自分より内枠にテイエムチュラサン(アイビスでも譲らなかった)・シー
イズトウショウ(安勝)が入りましたので、去年のように楽にラチ沿いを走らせ
ることができそうにありません。


★デュランダル

過去に休養明けで好走していますが、10ヶ月の休養明けは経験していません。

この馬は「よくわかりません。」たった1度しか日本の馬場を走っていない
外国馬よりも、遥かに実績を評価できることは確かです。

昨冬、サイレントウィットネスがスプリント制覇した香港のシャティン競馬場で
マイルに出走したデュランダルは凡走しました。池添騎手の話によると「芝の散
水がひどく、スプリンターズSよりもノメッていた。」そうです。

そういえば、サイレントウィットネスが好走した安田記念の馬場もあまり良くな
かった様な記憶が。


★プレシャスカフェ

京王杯のみ[総合]が低いことから、1400では長そうです。
また、この馬はあまり使い込まない方が良いようです。(使い込めないのか?)

高松宮記念は大きく出負けした後、道中で無理に上げて行ったので、最後はアド
マイヤマックスに負けました。でも、内容はかなり濃かった!

3ヶ月の休養でフレッシュな状態になったなら、あまり軽く扱わない方がよさそ
うです。


★アドマイヤマックス

この馬は1600よりも1200の方が合ってそうです。
この馬はよく「左回りが得意」ということがクローズアップされます。しかし、
筆者は「1200が得意」と置き換えたいと思います。

過去にこのレースで3着がありますので、軽く扱わない方がよさそうです。


ここで!結論へ行く前に馬券の買い方を考察しているメールマガジンを一本紹介
します。予想に自信あるけど、馬券べたという方は読んでください!

ほんの少しだけ発想を転換することで、回収率は間違いなく向上します。
コツを掴めば毎年、年間プラスを叩きだすことも可能です。

無料メールマガジンの購読はこちらから!
 → http://www.mag2.com/m/0000145246.htm


「予想に自信あるけど、馬券べた」えっ、筆者のことでしょうか?

筆者の不調はココから始まった!
 → http://www.kanayamahai.jp/square_indiviKekka_disp_592_1.html

特に CUSTOMX の予想がこんなんでしたから、なんだかなぁって感じです。
 → http://www.kanayamahai.jp/square_indiviKekka_disp_592_15.html


どうやら私も購読した方が良さそうです。


それでは今回の結論いきます!

ケープオブグッドホープの力が抜けた走りに惚れました。混戦でも2・3着辺り
に来そうです。日本馬では10ヶ月休養明けで人気のデュランダルよりも、リフレ
ッシュ効果のプレシャスカフェを買いたいです。


予想:1着プレシャスカフェ・2着ケープオブグッドホープ・3着アドマイヤマ
ックスとデュランダル